コロナ止まらず

今年ももう9月。コロナは収束しないまま今年ももうあと4ヶ月だ。

 

以前、このまま行くと夏頃には日本の100人にひとりはコロナ感染経験者になるかなぁなんて書いたんだけど、まさしくそのとおりになって、今や累計感染者数150万人。一人で複数回罹患した人もいるので正確ではないがざっくり言えば日本人の80人にひとりはコロナ経験者ということになる。

 

なんで今になって感染が増えているのか。感染力の強いデルタ株の蔓延してること、ワクチン接種がまだ若い世代に行き渡ってないことも理由だが、やはり感染予防意識の低い人、自分を律することのできない人が一定数いるのだと思う。

 

布マスクやウレタンマスクは効果が弱いにもかかわらず、使ってる人多い。不織布マスクが店頭に並んでなくて品薄だった頃、代用として普及したモノがなし崩し的に市民権を得てしまってる。

 

手洗いや手指アルコール消毒も以前ほどやってない人多い気がする。スーパーの入り口で見ててもアルコールスルーしてる人多いし。手洗いもちゃんと石鹸使って洗ってるかな?水でちゃっちゃと洗うだけにしてないか?

 

いちいち面倒くさい?感染予防ってそいうもんなんだよ。医療従事者は毎日それやってきてるんだよ、コロナ以前から。

 

他の病気と違って感染症は自分ひとりの問題ではない。「各自自己責任でいいじゃん、自分は感染して死んでもいいから我道を行くよ」というのは全くもって迷惑な話なのだ。アンタが感染したらウイルスを周りに撒き散らすことになるんだ。

 

今の子供達は大人たちなんかよりよっぽど感染に対するリテラシーができている。年齢が上になればなるほど今までの常識が体に染み付いているから厄介だ。

 

コロナ以前の世代は「食事はお友達とわいわい楽しくおしゃべりしながらするもの。黙って食べるなんてつまらない。」と思っている人も多いだろうが、今の子供達は黙食がエチケットと教わっているわけで。いずれ「おじいちゃん(orおばあちゃん)汚いから食事中喋らないで!」とか孫から嫌われるんだろうなー。

 

Magic Keyboard買いました

Apple Storeにて、Magic Keyboardを買いました。iPad Proでお絵描きする時に、キーボードショートカットが使えないと不便だということに気付いてしまったのです。

(お絵かきソフトはClip Studioです)

 

f:id:kunobon:20210223221135j:plain

magic keyboard

最初は、iClever社のBluetoothのテンキーを買ってショートカットを割り当てて使ってみたんです。それでも無いよりはだいぶ便利になったんだけど、欠点もあって。というのもBluetoothでこのテンキーと繋ぐとiPadのキーボード画面が出てこなくなるんだよね。iPadの仕様で「あ、Bluetoothのデバイスから入力するのね?じゃキーボード画面出さないですよ。どっちか片方にしないとややこしいからね。」ってことみたい。

 

だからレイヤーに「髪」とか「服」とか「人物輪郭」とかの名前つけたくても文字が打てない。もちろんイラストに文字を入れるのもできない。数字のみなら打てるけど。テンキーなんだから数字しか打てないのは当たり前っちゃ当たり前だが。文字を打つ時にいちいちBluetoothをオフにするのも面倒臭いし。

 

あと、やっぱりテンキーにはシフトキーないからシフトキー押しながら複数選択するワザも使えないし。というわけでやっぱりテンキーだけじゃダメだ、キーボード買おうということになったんです。

 

んで、どうせキーボード買うならApple純正を、と思って調べました。iPad用のMagic Keyboard(31800円)は私のiPad Pro 10.5インチには対応してない。しかも高い。

 

Smart Keyboard(16800円)なら私のiPad Proにも対応してるようだ。キーボードにもなりカバーにもなる。三角に折れば簡易スタンドにもなる。しかし私はスタンドはすでに別のものを購入済みだし、持ち運びもしないのでカバーもいらないし。

 

いろいろ調べると先人たちがいいことを教えてくれた。Mac用のMagic Keyboard(9800円)がiPadにも使えるというのだ。なるほど、iPadのカバーとかスタンドとして使えなくてもいい、キーボードとして使えればいいというのであれば、これで十分なわけだ。しかも安い。テンキー付き12800円タイプもあるが、こいつはだいぶ横幅がデカい。場所とるのは嫌だ。

 

というわけでMagic Keyboard(9800円)。まだ慣らし中ですけどなかなか良いですよ。キーの打鍵感はMacBook Airの方がいいと思いますけど、軽いし場所取らないし。

 

Bluetoothキーボードなんて他社からもっと安いのがたくさん出てるでしょ?と言われればそれまでですが、キー配列もMacBook Airと同じだから自分には使いやすいです。まあ自分はApple信者でWindows機を自分用に買ったことは一度もない人なので御了承を。

SennheiserのBTイヤホン

Bluetoothのイヤホン、今まで一個も持ってなくて、お試しにSennheiserのCX150BTってのを買ってみた。

今のiPhoneはヘッドフォンジャックが無いからねぇ。

f:id:kunobon:20210124135522j:plain

cx150bt

 

Sennheiserを選んだのは以前持ってたHD595の音が恋しかったから。素直でクセがなくていい音だった。むかしSkypeでリアル知人と話したとき、HD595で聞くのが一番本人の声に近かったのよね。手放しちゃったんだけど手元に置いときゃよかったかなーと思ってた。

 

あと、敢えて左右つながってるタイプにしたのは、絶対落として無くしそうと思ったから。

 

Amazonから届いたCX150BT、開封し、まず充電。USB TypeCなのでMacBook Airと同じだな。一時間半の充電で10時間使えるそう。

 

 

ペアリングは電源ボタン5秒長押しして赤青の交互点滅モードになってる状態で行う。ひとまず手持ちのiPhone XSとペアリング。

 

ちなみにこの電源ボタン、いろんな機能が割り当てられている。

 

・1回押し…再生/一時停止(電話着信時は電話に出る、電話を切る)

・2回押し…次へスキップ

・3回押し…前に戻る

 

・3秒長押し…電源オン/オフ

 

しかし実際イヤホン装着した状態だとこのボタン部分は見えないし、手探りでやるにもやりづらい位置。あまり実用的ではないなぁ。

 

さて、試しにいくつか曲を聴いてみると、やはり素直で聞きやすい気持ちいい音。疲れない音。CX150BTはSennheiserBluetoothイヤホンの中じゃエントリーモデル(約8800円)だから解像度なんかはそれなりだけど。

 

首にケーブルかけるスタイルなので完全ワイヤレスではないが、ワイヤレスってやっぱ身軽でいい。iPhoneは置いといて自由に動ける。隣室でも音途切れなかったし。音声の遅延に関しては私はゲーマーじゃないので気にならないレベル。

 

使用してて気になったのが音量がでかすぎること。どうやらこれはiPhone側の仕様らしい。検索すると「Bluetooth接続のイヤホンの音量が大きすぎる問題」は皆さんお困りのようだ。いろいろ解決策がネットに上がってた。ZoomVolumeというアプリ入れればボリュームをきめ細かく調整できるがこれは根本的な解決策ではないですね。うーん、これApple側で対応してほしいよなー。

 

ちなみにApple TVとペアリングして使ってみると、音量は適切なレベルで、コントロールもしやすい。周りの雑音が遮音されてて聴き取りやすい。Amazon Prime で映画とかみてるとき、セリフ聞き取りにくいと思ってテレビのボリューム上げていると突然爆発音とかが大音量で響いちゃったりして、難しいのよね。これならこたつでスヤスヤ寝てる猫を起こさないで済みそう。

 

過去にヘッドフォンはBOSESHUREオーディオテクニカなどいろいろ買ったけど、やはり年齢とともに音の好みも変わるようで。昔は低音にパンチがないと物足らなかったけど今は聴き疲れしないのが一番だわ。ああ、CX150BT買ったばかりだけどSennheiserの上位機種が気になってしまう。いやいや、ヘッドフォンは凝りだすとキリがない世界。ほどほどにしよう、自分。

 

新型コロナ感染者数

二回目の緊急事態宣言がでた。2月に帰省予定であったがとりやめになった。致し方ない。それはともかく、この感染拡大はいつまで続くのか。

 

歴史を参考にしてみよう、というわけでスペイン風邪について調べてみた。数字は端数を四捨五入してます。

 

スペイン風邪が流行したのはは日本では1918年から1920年の3年間ほど。

当時の日本の人口、1919年で5500万人。

3年間のトータルでスペイン風邪感染者数は2380万人。死者39万人。

(上記は内務省衛生局の数字。ちなみに内務省統計局による人口動態統計では流行性感冒での死者23万人となっており、かなり食い違いがある。もともと基礎疾患があった人の死因をどうカウントするかの定義が違うらしい。ここでは衛生局の数字を使います。ググると専門家の方も衛生局の方を参考にしてるようなので)

 

パーセントに換算すると。

日本人の43%(!)がスペイン風邪に感染し、日本人の0.7%の人が死亡したということになる。

ちなみに感染患者数における死亡者の割合は1.6%。

スペイン風邪にかかった人のうち死んだ人の割合が1.6%)

 

翻って今の日本。

 

日本の人口は2020年7月でおよそ1億2580万なのでこれを基準としてみます。

コロナ感染者数については2021年1月13日時点のもので計算します。2020年1月以降の累計です。

ソースはNHKのコロナ特集ページ。素人の統計なので有効桁数とかは適当なので悪しからず。

 

日本全国のコロナ感染者数(累計):およそ30万4千人 日本の人口の0.24%

日本全国のコロナ死亡者数(累計):4276人 日本の人口の0.003%

コロナ感染者のうち死んだ人の割合:1.4%

 

割合で見るとスペイン風邪より全然感染者少ないね?(今のところ)

日本人417人にひとりは感染者という計算になる。

学校のクラスが35人~40人と仮定しておよそ11クラスにひとり、と考えるとイメージしやすいかな。あるいは一世帯4人家族と仮定したら104世帯にひとり。あくまで今のところ、現時点までの話です。

 

一方感染者のうち死亡した人の割合は同じくらい。でもスペイン風邪は大正時代だからね。エクモなど最先端医療機器がある現代においてこの数字だから、やはり新型コロナは侮れないなと思います。

 

 

ちなみに東京は

 

2020年7月の東京の人口1400万人、これを基準とすると

東京のコロナ感染者数(累計):78566人 東京の人口の0.56%

東京のコロナ死亡者数(累計):704人 東京の人口の0.005%

コロナ感染者のうち死んだ人の割合:0.9%

 

やはり東京は日本の平均と比べると感染者多い。およそ2倍ですね。200人に一人は感染者という計算になる。

一方死亡率はやや低め。地方に比べて医療体制がしっかりしているということでしょうか(あくまで現時点では、ですが)。もしくは無症状や軽症でもPCR検査受けている人が多い?

 

もうひとつ、自分の住む愛知県について。

2020年7月の愛知の人口755万人、これを基準とすると

愛知県のコロナ感染者数(累計):20087人 愛知の人口の0.26%

愛知県のコロナ死亡者数(累計):297人 愛知の人口の0.003%

コロナ感染者のうち死んだ人の割合;1.5%

割合は日本の平均と同じくらいですね。 

 

今後はどうなるのか?

今後スペイン風邪同様国民の4割以上が感染するまで広がり続けるのか?ハンドソープやらアルコール消毒やらマスクやら大正時代に比べればよほど衛生環境は良いと思うので、そこまでは行かないと思うんだけど、どうかしら。

 

ちなみに2021年1月13日のコロナ感染者数は日本全体で一日に5871人。

仮に、今後も日本全体で感染者が一日5000人ペースで増えると、約190日後には感染者数累計が日本人口の1%に達する計算になる。今から190日後だと7月下旬くらい。1日8000人ペースなら120日後。つまり5月中旬には感染者数累計が人口の1%になる。

 

感染者数累計が1%ということは、100人にひとりがコロナ感染の経験があることになる。3クラスにひとりくらい。そうなるとだいぶ切実感増すなぁ。うー、かかりたくない。ワクチン間に合うかなぁ。医療従事者は優先してくださるそうだが、歯科は優先順位低そうだし。

 

 

とにかく、何とか皆で生き延びたいものです。 

MacBook Air 2020

4年も放置してたブログですが、自分メモとして。

MacBook Air 2020モデルを買いました。

 

クアッドコアCore i5

・メモリ16GB

SSD 256GB

・スペースグレイ

 

人生初のAirパームレストが斜めなので手首置きやすい。

タッチID超便利。

MacBook Pro 2015年モデルからの買い替えなんだけど特に違和感なく使える。

ここ最近のMacのノートはほぼほぼ同じデザインだしね。

 

OSが強制的に10.15Catalinaになってしまってそれのほうが違和感ある。iPhoneのバックアップがiTunesでなくFinder経由になってて戸惑った。まあでも元を辿ればiPodというミュージックプレイヤー時代にiTunesを使って曲を同期していたから、その名残でiPhoneiPadになってもiTunesでの管理が続いてただけなんだよね。Finderにデバイスとしてマウントされる方が自然っちゃ自然かも。

 

ちなみに自分はiCloud月額130円、50GBのプラン利用してて、iPhoneのバックアップはiCloudMac両方にしてる。不安だから。通常はiCloud、時々Macみたいな感じで。

 

iCloud写真 は写真を取り出したり消したりが(枚数が多くなればなるほど)やりづらく、問題多そうなので使わない。マイフォトストリームだけオンにしてれば写真はMacにほぼ自動で残っていくし、Macの容量が足りてれば問題ないかなと。

 

Macのディスク容量だけど、今回のAir買うときに256GBでも足りると判断したのは、Apple Musicを利用し始めてからはMacのローカルディスクに音楽ファイル置いておかなくても大丈夫になったから。

 

毎月のサブスクリプション、月額にしたらそれぞれ少額だけど地味に結構払ってるよな。

iCloud  130円

Apple Music  980円

それ以外に

Office365solo  1,082円(年払い)

Amazon Prime  408円(年払い)

 

CDアルバムをiTunes Storeで毎月2〜3枚買ってたと思うのでそれに比べりゃ安いもんかしらね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次期愛車はインプ

クルマ選びですが、インプレッサスポーツの1.6i-L Eyesight Proud Edition に決定しました。ほぼ通勤での一人乗車だし、スピード出したい年頃でも無いし、小排気量の方が今時だろうということで1.6リッターモデル。2.0リッターモデルとの差額をガソリン代に充てることにします。

MINI買った時は車両価格だけでいっぱいいっぱいで、豊富にあったオシャレなオプションもつける余裕が無く、ほぼスッピンで乗ってました。ナビもポータブル。

今回はその反動もあり、欲しいオプションけっこう付けちゃった。カーナビ&スピーカーset、バックモニター、HIDヘッドライトetc.

MINIよりは広くなるし、運転しやすく快適になるはず、と信じてる。ビジュアル面の可愛さは減っちゃうけど。

あとは実用燃費がMINIと同じくらいいってくれればオーケー。ハイオク仕様からレギュラー仕様になるわけだからそれだけでも有り難い。カタログ上はほぼ同じなんだけど、インプはAWDで車重重いから…実際はどうかな…?こればっかりはいつもの通勤路を乗ってみないと分からない。

カローラなんてと言われて

前の記事で次期愛車はカローラフィールダーかシャトルかと書いたのだけど、自分の中ではどちらかといえばフィールダーかな、と思ってた。

理由はワゴンらしいスタイルの方が好みなのと、トヨタハイブリッドへの信頼性。ネックは脚がヤワいこと、あとこれはささいなことだけどウチに出入りしてる業者さんの車とカブること(^_^;

というような次期愛車についての考えを先日とある方(車好きな女性)に話したら、「えー?MINIからカローラなんてー。他に候補はないんですかー?」と言われてしまった。たじたじしながら「ええと、他だとインプレッサかなあ?」と答えたところその女性目を輝かせて「インプレッサいいじゃないですかー。私も欲しい−!」とのこと。

というわけで(その方に言われなくてもインプレッサも試乗してみるつもりだったのだけどね)、スバルディーラーへ行ってみた。まず試乗したのは2.0i Eyesight。ボディのしっかり感、安定感は素晴らしい。ドイツ車に通じるカッチリ感。欠点は荷室がフルフラットにはならないこと、全幅が1740mmとややデカいこと、燃費が今のMINIと変わらなさそうなこと。モデルチェンジが近いこと。

ディーラーの方といろいろお話して、今なら1.6リッター4WDモデルにもEyesightが付けられること、Proud Editionという特別仕様車がお買い得なことを教えて貰った。

んで日を改めて、もう一度スバルへ。今度は1.6i-L Eyesightを試乗。あー、これでも必要十分かと。今のMINIクラブマンも1.6リッターだし。車重はインプの方が重い(クラブマン1230kg、インプ1320kg)けどCVTの恩恵か特別重いとは思わなかった。

登坂とか高速の追い越しなどで2.0リッターとのパワーの差が出るだろうなぁ。ディーラーの方いわく、燃費はあまり変わらないでしょうとのこと。1.6と2.0の価格差おおよそ20万。性能差と価格差をどう考えるか。

今のフィールダーはヴィッツベースらしいし、インプのボディの方がしっかりしてるのは明らかだ。燃費はフィールダーの圧勝だが、インプをフィールダーよりお安く買えれば、ガソリン代の差額も縮まるというもの。

あらあら、何だかインプが欲しくなってきましたよ?モデル末期の熟成されたスバル車は完成度高くておすすめって言うし、秋〜冬に切り替わる新型インプも格好良さそうだけど現行より図体がでっかくなるって噂だし。さぁどうする?